ピタットハウス郡山店 ピタットハウス郡山富田店

街にたたずむタイムカプセル

今日はインスタ映えすると(私の中で)話題のスポットをご紹介します。
安積(あさか)歴史博物館です。

県立安積高校の敷地の一角に建つこの建物。
元は福島県尋常中学校の校舎として明治時代に建てられたもので、国の重要文化財の指定を受けています。
屋根は瓦葺きですが玄関は洋風。
歴史の教科書に出てくる、鹿鳴館のような外観です。

入館料を払って中に入ると、廊下や教室が昔のまま保存されています。
そのため、明治の福島に生まれた作曲家、古関裕而を描いた朝ドラ「エール」のロケ地としても使用されました。
館内を歩いていると、当時の学生の話し声が聞こえてくるようです。

2階には大きな講堂があるのですが、うかがった日は安積高校の弦楽合奏部の皆さんが練習中。
実はまだ現役で使われている建物でもあります。
郡山市の歴史を今も見つめる安積歴史博物館。
日々の喧騒から少し離れたい時にいかがでしょうか。